読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嶋江崩子の基地(仮)

141字以上書きたくなったら使います。

【WCSレート】アクジキングトリックルーム【瞬間1803】

 UB最弱と名高いアクジキングですが、巷で言われるほど弱くないと思ったのでアクジキングを軸に組んでみました。

 

 

f:id:shimakohoko:20161223224847j:plain

 

 つえーやんけwww

 

 

 1700超えたら自慢しよくらいでいたら、こんなことになったので先駆者がいないうちに記事にしておきます。

 

 

・そもそもアクジキングとは

 

 無振りでHP実数値が298になるポケモン

 

 298といえば「つくば」の語呂合わせであり、つくばといえば「つくばポケモンだいすきクラブ」があることはあまりにも有名。

 

298poke.blogspot.jp

 

 

 

・今回のパーティ

 

アクジキング れいせい・ビーストブースト・ドラゴンZ

りゅうせいぐんあくのはどうヘドロばくだん・まもる

298-121-73-163-105-43 C252D252

 

メタグロス いじっぱり・クリアボディ・エスパーZ

しねんのずつき・コメットパンチ・バレットパンチ・まもる

187-205-150-101-111-90 H252A252D4

 

カプ・コケコ ようき・エレキメイカー・きあいのタスキ

ワイルドボルト・フリーフォール・まもる・どくどく

146-167-105-103-95-200 H4A252S252

 

カプ・ブルル いじっぱり・グラスメイカー・ビアーのみ

ウッドハンマーウッドホーンいわなだれ・まもる

177-200-135-94-115-96 H252A252S4

 

ポリゴン2 おだやか・ダウンロード・しんかのきせき

じこさいせいシャドーボールれいとうビームトリックルーム

191-85-110-140-147-80 H244C116D148

 

コータス れいせい・ひでり・もくたん

ふんか・ねっぷう・かえんほうしゃ・まもる

177-102-161-150-90-22 H252B4C252

 

 

 

 

 ポリ2でトリルしてコータスで暴れつつ、アクジキングのアルティメットドラゴンバーンの美しいエフェクトに惚れ惚れしましょうというパーティです。

 

 

 

 以上!!

 

 

 

 一応、個別解説も書いたのですが、冗長になったので追記にします。読まなくてもいい。 

 

続きを読む

AMB第7話のバトルレポ(審査員の言い訳ともいう)

 こんにちは。

 

 さる11月13日に開催されたAMBことアニソンMCバトルに審査員として参加してきました。

www.animesongmcbattle.com

 AMBが何かは上のリンクを見てください。説明すんの面倒。

 

 

 なんとこの大会、前回大会の優勝者が審査員としてお呼ばれするのです。

 

 ぼくは第4話でちゃっかり優勝したのでこうして7話でやらせてもらえることになりました。

 なんか時空が歪んでる気もしますが、気のせいでしょう。よくあることです。

 

 

 で、この記事では何を書くのかというと、

 審査するにあたってメモを取っていたのでそれを改めて文字を起こしてバトルを振り返ってみちゃおうというわけです。

 とはいえ単語しかメモってないので、一部言葉には脚色が混ざっておりますことをご了承ください。

 

 

 では新宿BUMPにいた人は、こんなバトルもあったなと振り返る意味で。

 いなかった人は、AMBではこんなことが言われているんだなと思っていただければ。

 

続きを読む

【ポケモンSM体験版】ほかくチャレンジで20匹捕獲する

 こんにちは。

 

 18日にポケモンSMの体験版が配信されましたね。

 

 その中に、ほかくチャレンジなる要素があります。

 

 貸しボールでエリア内のポケモンを自由に捕まえられるというゲームなのですが、

ご存知の通り3匹以上捕まえるとおじさんからきんのたまを貰うことができます。

おじさんのきんのたまだからね。

 

 3匹できんのたまが貰えるなら、上限である20匹捕まえたらいったい何があるのかと気になってしまうのがゲーマーの性。

 

 この記事では20匹をいかにして捕まえるかを書いていこうと思います。

 

続きを読む

シン・ゴジラを見た。

 流行に乗るオタクである以上、この作品を見ないわけにはいかなかった。

 

 とてつもなく面白かった。

 

 そりゃそうだ。

 俺は物心ついたころからウルトラマンガイアが傍にいて、そこからメビウスまで怪獣を追い続けてた人間だった。

 面白くないわけがない。

 

 

 この記事ではゴジラ論を語る気は全くない。

 

 ただ感想をぶちまけたいだけの人間が壁打ちしてるだけだ。

 

 この記事を開いた暇人さん、どうぞ他人の感想に共感して気分をよくしてください。

 

続きを読む

劇場版アイカツスターズを見た(2回目)

 普段は映画などにとんと縁のないぼくではあるが、なんと2回目を見に行ってしまった。

 

 今回はノートとペンを持ち込むという暴挙に出た。ガラッガラの劇場だからこそできる芸当だ。おっとマナーがどうとかいう話は本題ではないからよしてくれ。

 ともかくこれで感想をリアルタイムに記録することができるというわけだ。自慢じゃないがぼくの記憶力はかなりお粗末なもので前回の記事(前のFC2ブログの記事へ飛びます)のように記憶違いであらぬ方向に妄想が暴走しがちである。それを防ぐべくこの試みだ。

 

 今回はこの外部記憶に頼りつつ感想を殴り書いていこうと思う。

 

 

続きを読む