読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嶋江崩子の基地(仮)

141字以上書きたくなったら使います。

アイカツ!ミュージックフェスタ2017 アイカツスターズ!ナイトタイム報告

 行きました。

 

 大金を払ってもなお抽選で席運に左右されるのが苦手なのでこういったライブには滅多に参加しないのですが、友人が連番を余らせたということで誘いに乗って行ってきました。

 

 実によかったの一言に尽きるのですが、それで終わらせてしまうには勿体ないステージだったので、あそこのここがよかった云々と思ったこと感じたことを記憶から引っ張り出しながら書いていこうと思います。

 

 

 

 

セットリスト

1. スタージェット

MC1

2. スタートライン!

3. みつばちのキス

4. ハートがスキ♡ップ

5. アニマルカーニバル

6. 未来トランジット

7. Dancing Days

8. キミをロックオン

9. One Step

MC2

10. Miracle Force Magic

11. トキメキララン☆

12. Summer Tears Diary

13. TSU-BO-MI ~鮮やかな未来へ~

14. ドリームステージ☆

MC3

15. Dreaming bird

16. Halloween Night Magic

17. 8月のマリーナ

18. POPCORN DREAMING♪

19. episode Solo

20. So beautiful Story

MC4

21. ラン・ラン・ドゥ・ラン・ラン! ~NEXT LAP~

22. 1, 2, Sing for You!

23. スタートライン!

Enc

24. STARDOM!

MC5

25. アイカツ☆ステップ!

 

 インターネット情報より

 

 

 

開場

 

 席が一階ほぼ最後列と聞いてテンションダウンダウーンしてたのですが、パシフィコ横浜国立大ホール、想像の半分くらい狭い。最後列と言えどステージがよく見える。しかも正面。テンションアップアップ↑。

 

 そして暗転しスクリーン鳴り出す変身BGM。くろすとを思い出して一気にライブに来たぞ感が沸き上がってました(伝わらない)。

 

 

1.スタージェット

 OPはやはりOP。

 7人横に並んで五芒星を大きく描く様がぴったりと合っていて、スターズの手から客席に七つの星が飛びこんでくるのがぼくには見えた。

 

MC1

 

2.スタートライン!

 るかさんソロ。つまりはひめソロ。

 49話の後で中途半端な出来は許されないであろう中、まさにS4、歌組トップの名に相応しいステージ。聞き手に対する「圧」すらをも感じた。折角買ったブレードを振る余裕がなくなる程度に。

 特に、Bメロの「ひとりひとり違うから奇跡」の2つ目の「と」の力強さ。PPPH(ぼくと解釈違い)をかき消すほどの声量で声を飛ばしてきて、口開けてステージに釘付けになるしかなかった。

 完全に余談ですが、声が大きすぎてマイクがバリってたのがまた「強さ」を強調していてすごかったですね。

 

3.みつばちのキス

 せなさんりえさんの動きが微妙にズレてるのが愛嬌あって可愛かったです。

 

4.ハートがスキ♡ップ

 せなさんのこの二曲の歌において、客席に笑顔と愛嬌を全力で振りまくが故にちょくちょく音程を外していた(曲がむずいので仕方ない)のが、お客さんを楽しませようと一生懸命な虹野ゆめっぽさが出ていて、アニメとステージがぼくの脳内でリンクした感覚が気持ちよかったです。動きが可愛い。

 

5.アニマルカーニバル

 

6.未来トランジット

 スクリーンでは夜空のライブが、そしてステージでは同じコーデ同じ振りでみほさんが。あの時、確かに香澄夜空がホールに立っていた。アニメと現実の区別がどうこう言ってる場合ではない。その歌と踊りの完成度、やはりS4。

 47話を経て歌詞にさらに意味が付加された段階で、これをあの完成度で聴かされると、自分はもう二度と夜空のステージは見られないんじゃないかという気持ちにさせられる。胸が苦しくなる一曲だった。

 

7.Dancing Days

 逆光照明になってシルエットが浮かび上がった時、悪魔のツノのカチューシャがはちゃめちゃにかっこいい。

 

8.キミをロックオン

 DDの青照明から一転、真っ赤に染まるステージ。WARNING!といった雰囲気。

 そして怪しげなイントロ。

 

 サビに入った時に

 

 

 

 

 

 

 Get! Catch you! 必ず 捕まえるわ

 瞳 真ん中 ロックオン

 

 

 

 

 体が勝手に動くとはこういうことか。

 高まりとはこういうことか。

 理解した。

 完全にロックオンされた。

 

 ABメロの怪しさから急に盛り上がるサビが、シンセバキバキな間奏が、曲がもう最高です。

 

 ななせさんかっこよすぎ。惚れた。(りえさんが記憶から吹っ飛ぶ程度に)

 

 ステージの話をしておくと、レーザー照明が照準を描いてて、それがカメラでスクリーンに映ったななせさんを補足するようにチカチカしていた演出がめちゃくちゃ格好良くて、あのギミックを考えたスタッフさんすごい。

 

 

9.One Step

 サビの7人合唱で手を上げずにはいられない。いいクールダウンになりました。

 

MC2

 せなさんりえさんどちらが言い出したか忘れたが、

 「劇場版のCDの、手を合わせるやつやってみたかったんだ!」(意訳)

 やってた。

 

10.Miracle Force Magic

 ななせさんがイントロでフライングVを弾きながら登場する。かっこいい。

 ギターわからんのですが、コードだけとはいえあれは実際弾いてたよね。かっこよすぎ。

 ラスサビ前に歌とオケが一瞬ズレたのもギターに手間取ったからだよね?(気のせい説も大いにあり得るのでこの件は話半分でお願いします。)

 

11.トキメキララン☆

 レーザー照明が「Question!」とか「びっくり!」とかステージに映し出してたのが可愛かったです。

 

12.Summer Tears Diary

 S4決定戦よろしくかなさんソロかと思いきや、2番からみほさんが現れ香澄姉妹デュエットが始まりそんなのアリかよと。

 

13.TSU-BO-MI ~鮮やかな未来へ~

 STDのよぞまひのステージに胸打たれた余韻を引きずったままTSUBOMIへ接続。

 もうリウム振るのも忘れて眺めるだけだったんですが、個人的に特筆すべきはステージの照明やスクリーンの演出。2人の歌がよかったのはもう前提として。

 まず1つ目。ステージ天井からステージ中央を刺すレーザー照明が円を描くように照らし、そのレーザーで囲まれた円錐の中で香澄姉妹が歌う部分が2人だけの世界に入っていくようでとても幻想的。

 2つ目。Cメロを歌い終わり暗転した中鳴り響く「ピーン」のピアノの音に合わせ、ステージ上の階段にとりつけられている点の照明が下の段から駆け上がるように白く光ったところ。とても綺麗。

 3つ目。その直後(だったと思う)ひな壇の最上段、二手に分かれたかなさんみほさんのそれぞれの真後ろのスクリーンに炎のような模様が浮かび上がる。まるでその模様は二人を包み込むつぼみそのもので、そのあまりの美しさに卒倒した。

 あとのことはよく覚えてない。

 

14.ドリームステージ☆

 ドリステ回の公式MADがスクリーンで流れる中のパフォーマンス。顔がいいなあなどと映像を眺めていたら終わってた。

 小春が足を組むシーンで会場が「おおおおお」って沸き上がってたのがキモかった面白かった。

 

MC3

 かなさんみほさん「2人でスタジオに入っていっぱい練習したんだよね」

 道理で息ぴったりなわけである。

 2人でスタジオねえ。

 

15.Dreaming bird

 MC開けて心の準備もなしにカチカチと。

 ステージに白銀リリィが舞い降りての生歌だった。実に力強い。

 

 高まってリウムを振る曲というより胸元で手をぐーぱーしながら雰囲気と一体化した方がいい曲だったように思う。(1番では振ってみたけどなんか違和感を覚えた)

 ノリノリになってたら曲が終わってしまったので、もう一度聴きたい。

 

 個人的にはAメロでクラップするのは曲の雰囲気にそぐわないと思います。

 

16.Halloween Night Magic

 サイリウムが緑とオレンジでカラフルでステージでも炎がでて、視覚的に楽しい。

 

17.8月のマリーナ

 ノリノリで楽しい曲ですね。クラップ覚えてなかったのが悔やまれる。

 

18.POPCORN DREAMING♪

 

 サビの楽しさは随一。

 二人に合わせて

ジャンプ!ジャンプ!ジャンプ!!ジャンプ!!

 ステージはピンクと青でくっきり照明が分かれてて、客席はピンクと青が入り乱れてて、もう最強!

 手にピンクのリウムと青のブレード持って跳ねてたらゆめロラのはじけ具合が手から感じられてますます楽しくなってきちゃう。

 

 最強すぎてジャンプしてたことしか覚えてないです。

 

 

19.episode Solo

 

 ポップコーン楽しかったーなんて一息つく暇もなく、アウトロが終わるとイントロが流れてきやがった。休む暇なんてありやしない。

 これはもう曲の強さが言わずもがなですが、それに説得力を持たせる4人の歌唱力が本当に素晴らしい。S4には圧倒されっぱなし。

 2人なら最強!の後に4人で最強を超えてくるこの曲順の凄まじさ。

 

 間奏のブレイクダウン一拍目の「ウッ」っていうコールが原曲の低音をさらに補強するようになっており、それがホールを揺らしている感覚があって気持ちよかった。会場でしか聴けないエピソロだった。

 

 本当に曲がいい。

 というか元はと言えばこの曲を生で聴きたいがためだけに1万円近く払ったのだ。

 

 最高の4分半だった。

 最強のライブ。

 

 

20.So Beautiful Story

 49話まで含めたひめゆめ感動MADがスクリーンで流れる中。

 せなさんの声に異変が起こった(気がした)。

 2番サビあたりから高音帯で”ゆめの声”が出なくなっていたように聞こえた。それでも裏声を駆使して最後まできちんと歌いきりパフォーマンス自体はとてもよいものではあったが、スクリーンではゆめの能力に関わるシーンも多く流れており(ひめゆめの関係を語るうえで欠かせないので当然)不安の残る不穏なステージになった。

 

 しかし曲が終わるや否や、るかさんがせなさんに寄って行って強く抱きしめた。「大丈夫だよ、ゆめちゃん」とでも言うかのように。

 そのひめ先輩の抱擁で、ゆめだけでなくただの観客であるぼくも救われたような気持になり心のもやもやは晴れていった。

 ひめ先輩が傍にいてくれればきっとゆめは大丈夫だという安心感。二人の信頼関係も垣間見えたような気がした。

 

 

MC4

 フォトカツでS4新曲らしいので、エピソロの再来を期待してもいいですかね。

 

 

21.ラン・ラン・ドゥ・ラン・ラン! ~NEXT LAP~

 タオルぶんぶん振り回したり投げたり。アイドルライブっぽさ。行ったことないけど。

 

22.1, 2, Sing for You!

 りえさん、声に伸びがあってとても聴き心地がいいですね。

 やっぱり大合唱は笑顔になれる。

 

23.スタートライン!

 大団円。

 

Enc

 

24.STARDOM!

 youtubeで聴いたー!

 

MC5

 ななせさんが、49話のリリィの「夢は見るものじゃない、叶えるもの。ひめ先輩のメッセージ」に対するゆずの「いっぱい見ようね新しい夢、二人でまた一緒に」っていうセリフがよかったという話をしていて、わかる~と頷きまくっていた。

 そもそもこのセリフ、「新しい夢、二人でまた一緒に」という部分から、かつて二人で描いてた夢(二人でS4になる等)は叶わなくても別にいいんだぞ自分は気にしないぞっていう、夢に囚われかねない(夢鳥だけに)リリィに対するゆずからの救いのメッセージだと、ぼくは読み取った。きっと今もゆずは沢山の夢を見ている最中で、だからこそ「夢は見るものでいい」って考えなんだろうなとも思う。

 

 

25.アイカツ☆ステップ!

 大団円その2。

 

 

Fin

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最高~~~

 

 

 

 

 散々な散文でしたが、ここまでお付き合いいただきありがとうございました。